セネガル雑貨 かわいい!

先日、地元の雑貨屋さんでみかけたこのじょうろ。

カラフルであり、チープシックでもあり、わたしのツボ!で、即お買い上げ。

最近、ガーデニングなんぞ、シニアあるある趣味にも足を踏み入れてしまったので、素敵なガーデニンググッズをさがしていたところでした。

本来は、地元でプラスチッック素材なので水などをいれるのでしょう、水がでるところはジョウロ仕様にはなっていませんが、わたしはこれで十分。(ポリタンクで水をあげていた人ですから・・・・・)

私がみた雑貨屋さんでは、これをプランターカバーがわりにしていました。

セネガル、、って、サッカー好きな人には有名な国ですが、日本ではまだまだ馴染みがない国ですよね。私もよく知りませんでした。

ちょっと興味をもったので調べてみると、アフリカ西部のとても治安の良い国だそう。

アフリカっていうと、入ってくる情報が ユニセフの募金の写真にあるような、貧しい子 のイメージがまず、思い浮かびますよね

経済的にもこれからっていう国が多いとは思いますが、アフリカって民族衣装など、カラフルなイメージがあります。

そういえば、サプールという貧しくともおしゃれなファッション群団がアフリカにいて、注目を浴びているという記事をみたことがあります。

「服が汚れるから戦わない」サプールに込められた平和のメッセージ
1880年代以降、ヨーロッパ列強国によるアフリカ諸国の植民地争いに巻き込まれたコンゴ。人々は、暴力反対を訴え、平和を望む声が増えていくことになる。世界一お洒落なジェントルマンたちと言われるサプールはコンゴの平和の象徴となり、コンゴ人たちの英雄的な存在として定着した。

もともと、アフリカの人たちは、色のセンスが鋭いし、気候柄ビビッドな色あいを好むのでしょう。

そのあたりが、このセネガルの雑貨にも反映されているのでしょう。

私の街の小さな雑貨屋さんにもセネガル雑貨が売っているくらいですから、すでに雑貨好きな人には有名なのかも??

セネガルは、日本同様、おもてなし の精神もあるようなので、一度機会があったら旅行でもいきたいな。

*ランキングに参加しています。 よろしければポチッとお願いします。


アラフィフ日記ランキング

 

この記事を書いた人
まりん

パートになれなかったアラフィフ主婦。夫は年金生活、親は平均88歳、自分は持病持ち。
お金はないが、ポジティブ思考とデジタル愛で、世の中を遅足で突っ走っていこうとしているデジタル好きおばちゃんです。
_

ご挨拶

まりんをフォローする
LIFE
まりんをフォローする
スポンサーリンク
しふぉんぶるーな毎日へ
タイトルとURLをコピーしました